照明のプロが運営するネットショップ スマートライト
LED電球

お問い合わせはこちら
日本最大級の品揃え!!
  • 看板用スポットライト ビーム電球はコチラ
  • 直管蛍光灯 FHF32~ 業界最安値!!
  • フィリップス 殺菌灯 TUVランプ
  • フィラメント形LED電球はコチラ クリア電球の輝きを再現
  • まだまだあります 『白熱電球』
  • 間接照明 スリム形蛍光灯 交換ランプはコチラ!!

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

LED電球

LED電球

LEDの歴史

LEDは数十年前から存在はしてましたが、ノーベル賞でも有名になった青色発光ダイオード(LED)の発見により、光の3原色「赤」「緑」「青」がそろい、白色が出せるようになりました。

LEDで白色が出せる事により、照明として使えるようになり、次世代光源として注目されるようになりました。

長寿命、省電力に加え、点滅に強い特性もあり、照明以外にも信号灯、看板灯などに適してます。

LED電球の構造

LED電球の構造は、「LED素子(チップ)」と「回路」を電球内に組み込み、口金を取り付ける事でLED電球となります。また熱を逃がす放熱板が側面に貼られてる事が多いです。

LED電球の特徴

LED電球は省エネ、長寿命、紫外線を出さない、光色を変更できる(調色タイプのみ)などの特徴があります。特に、省エネ、長寿命は既存光源と比べても優れており、エコな光源と言えます。

LED電球の欠点

LED電球は精密機械のため熱に弱い特性があります。そのため発光によって生じる熱を逃がすため、アルミの放熱板を側面に取り付けるのが一般的です。明るいLEDほど生じる熱が多くなり、放熱板も大きくする事から、質量、体積ともに大きくなります。

HIDランプやハロゲンランプはわずか人の指1本分くらいの小さな体積でものすごい明るさを出せますが、LEDランプで同じ体積で同じ明るさを出すのが不可能です。今後は、様々な用途でLED電球と既存ランプとの使い分けが進むと思います。


現在、発光効率の向上を目指し各メーカーが次々と新商品を開発中です。

お買い物について

ページトップへ